参加型企画を始めて…Part1

マイクラで参加型企画を…

受験が終わり、またYouTubeの配信を再開したいと思い、始めた企画…それが「T-Projectサバイバル参加型サーバー」ですです。

配信を再開してからはや一か月。おかげ様で、チャンネル登録者数は60人以上増えていき、配信の同時接続者数は平均的に「10人」を超えるという順調な足並みです。

私が、配信を2年近く行って学んだ事といえばやはり視聴者数は配信の時間に比例するかのように増えるという点ですね。※個人の意見です。

人が増えるとチャットが盛んになり、そのにぎやかなチャットを見て初見さんが来るといった具合。もうこれは「正の連鎖」と言えるのではないでしょうか。

まあ、そんな自慢はさておき、この企画を始めようと思ったキッカケ等をこの場をお借りしてお話できればなと思います。



キッカケって?

そもそも「なぜ参加型を始めたのか?」別にこんな疑問を私に対して抱く人なんで一人もいないでしょうが、語らせていただきます。

まあ、結論から申し上げますと、「大人数でワイワイしたい」という理由です。

他にもJavaの勉強を兼ねてやりたいっていう気持ちもありますが…

大人数で何かをしたいという願望から始めました。

サーバーの維持

サーバーの維持をするには少なからず、費用がかかります。(例:電気代・ネット代等々…)

まあ、そこで考えるわけです。どうしたら赤字運営から抜け出せるかと..

その考えた結果の一つがこのブログだったりするんですけど()

その他の候補が「寄付」というものです。

そこで今回利用したものが「Tebex」というサービスです。

https://www.tebex.io/

どうやら、「Hypixel」もこのTebexというサービスを利用しているらしく、

信頼性も高いものとなっているかなと思います。

設定に関しては、流れでわかるはず…ハズ()

まあ、寄付の特典等を金額別にしてとりあえずYouTubeの概要欄に貼るわけですよ…

当然ながら「アクセス0」

はははははは…(苦笑)

という訳で皆さん助けてください()

↑そういう訳にもいかないので

私は、「2B2T」というサーバーのシステムに注目してみました!

それが「キュー(Queue)システム」です!

「キュー?なんぞやそれ」という人向けに説明しますと

「直訳:列」ですね。

待ち時間待たされる仕組みです。



制限人数を設けて、制限されていても入りたい場合は優先キューのお金を寄付として払ってねということです。

「は?それEULAに違反してね?」と思う方もいるとは思いますが

一応大丈夫です。はい。大丈夫です(2回目)

これを行えば、どうしても入りたい人が来てくれる…はず

ですが、大半は「お金必要なのか…じゃあいいや」ですね(当然の話)

これからも工夫を行う必要がありそうです…

人をまとめるにあたって..

配信も軌道に乗りつつあり、現在では安定して10人程度が参加しているサーバーとなっていますが、

その中で発生するのがやはり「トラブル」

人間だからしょうがない…というのもありますが

第三者に迷惑が掛かってしまうと大変です。

そこで私が考えたのが厳しめのルールです。

最近では「アナーキー」つまり無秩序なサーバーが人気というか有名らしい

ですが、あえて厳しめのルールである程度人を制御する(←言い方)いわば、学校です。

○○したらBAN

それが手っ取り早いです。

おわり

まあ、次回詳しくお話したいと思いますので次回をお楽しみに(適当)



コメント

タイトルとURLをコピーしました